• HOME
  • BLOG
  • Apps
  • 明るさ調整アプリ Widget brightness(iOS)をリリース

明るさ調整アプリ Widget brightness(iOS)をリリース

もりもりSwift勉強中の飯田です。前回は、ウィジェットカメラアプリのリリースをお知らせをしましたが、さらに、さらにもう一つアプリをリリースしました!

かなりニッチな今さらな、明るさ調整アプリ “Widget brightness” です。

artwork_v2明るさ調整を快適に – Widget Brightness
https://itunes.apple.com/jp/app/widget-brightness-comfortable/id1162431622?l=ja

iOS 10になって、コントロールセンターが分離し横にスワイプで行き来するようなインターフェースに変わってしまいました。そのせいで明るさの調整がとても不便になってしまいました。

というのも、明るさを変えるつもりが、全体をスワイプしてしまいオーディオコントロールのほうに移動してしまうというのをいつもやってしまいます。

そこで、ウィジェットからダイレクトに “一番暗く”、”一番明るく” など明るさが調整ができるように考えました。
また、アプリ側でもタッチスライド式UIで快適に明るさ調整できるように考えました。

URLスキームもありますので、マニアックな使い方をしたい方はこちらをどうぞ。

URL Scheme

アプリの起動
widgetbrightness://

明るさを設定しつつアプリの起動
widgetbrightness://update/0
widgetbrightness://update/25
widgetbrightness://update/50
widgetbrightness://update/75
widgetbrightness://update/100
こんな感じで、お好みの明るさ(0〜100)をお尻につけてください

自動的にアプリを終了させる

ウィジェットをタップするとアプリが必ず開きますが、
矢印バッテンボタンをタップし、アプリの自動終了機能をONにしておくと、輝度設定後アプリを自動的に終了させることができます。

killmode

AppStore: 明るさ調整を快適に – Widget Brightness

ホームにもどる