• HOME
  • BLOG
  • Apps
  • ウィジェットカメラのエクストラな機能

ウィジェットカメラのエクストラな機能

前回の記事では、ウィジェットカメラのリリースをお知らせ・紹介をしました。そんなウィジェットカメラのエクストラな機能を紹介したいと思います。

1.CameraRollウィジェット

完全に独立した機能ですが、カメラロールで確認できる最新の写真のいくつか(端末の画面幅によって変動)を表示するウィジェットです。最近撮影した写真をサクッと確認するのに便利です、よかったら使ってみてください。

x_cr

タップして写真アプリが開くようにもなっていますよ。

2.Latest photoウィジェット

CameraRollウィジェットと似ていますが、こちらは最新の写真を表示するウィジェットです。メインのウィジェットと同じように大きく表示できます。

x_lp
こちらもよかったら使ってみてください。

3.アプリを3Dタッチして確認

3Dタッチ対応端末&iOS10からの機能ですが、アプリのアイコンを押し込むとウィジェットが表示されます。ウィジェットの画面に取り付けてなくても確認できるのでこの方法も覚えておいてくださいね。


大きく表示がきくできなく残念ですが仕様です。

4.他のアプリから直接ウィジェットに写真を取り付け

他の画像系アプリのアクション・シェアといったメニューから直接ウィジェットへ画像の登録ができます。

x_at

最初はこのメニューが表示されないとおもいますので、このグレーのアイコンの行をいちばん右までスクロールして “その他” からAttach to widgetをONにしてくださいね。

5.撮影時に写真アプリにも保存

ウィジェットカメラは撮影した写真が写真アプリには保存されないのが基本機能ですが、設定(右上の歯車)で、撮影時に写真アプリに保存する設定もできます。

x_st

同時にアルバム(Widget Camera)にもまとめられるようになっています。保存されるほうがよろしいかたは、こちらの設定をONにしてみてください。

また今、Safariでブラウジング中、そのキャプチャをスムーズにウィジェットにとりつけれる機能を作っています。勉強中なんでつくれないかもですが、そんな感じで機能拡充もやっていこうとおもいますのでウィジェットカメラよろしくお願いします。