• HOME
  • BLOG
  • Adobe AIR
  • adt PATH 設定したのに忘れられちゃう件の解決 on Mac

adt PATH 設定したのに忘れられちゃう件の解決 on Mac

こちらの、「Adobe AIR アプリケーションの構築 PATH 環境変数」 ページを参考にMacにて、
adt を コマンド adt で呼び出せるようPATH設定をしたのですが、ログアウトをしちゃうと忘れてしまうので、解決方法を調査。

ホームディレクトリに、 .bash_profile ファイルを作成して
そこに、 export PATH= .. と記述することで設定ができるようです。

.bash_profile は、”ログインしたときに実行される設定用のシェルスクリプト” ということで、
ここにPATH追加コマンドを書いておくことで、ログイン時に毎回自動的に追加するということのようです。

ここでは、新規に .bash_profile ファイルを作成して設定する方法を説明します。

ファイルの作成

テキストエディタを開いて新規で、以下のように記述します。
※ この例は、FlashBuilder4.7の場合です。使用するSDKに合わせてadtが含まれるパスを指定します。

export PATH=$PATH:/Applications/Adobe\ Flash\ Builder\ 4.7/sdks/4.6.0/bin/

次に、このテキストファイルを保存します。
ホームディレクトリに bash_profile.txt という名前で保存します。
ホームディレクトリはよく使う項目にあるユーザ名のついた家のアイコン、pathは、/Users/ユーザネーム です。

ファイル名の変更

次に、ファイル名を .bash_profile に変更します。
この作業は、ターミナルから行います。
※ Finderからは . (ピリオド)で始まるファイルを作成できない為

ターミナルを開きホームディレクトリに移動します。

ホームディレクトリへ移動は、

$cd ~/

名前の変更は、

$mv bash_profile.txt .bash_profile

設定は以上です。

確認

正しく設定されているかどうか、このコマンドを実行後、

$source ~/.bash_profile

PATH を表示してみます。

$echo $PATH

追加したいパスが正しく表示されればOKです。

あまりLinuxまわりについて詳しくないので、
Macを使っていると同時に勉強できていいですね。

参考サイト:

・macで.bash_profileの場所が見つからないときは
http://banker0507.blogspot.jp/2012/11/macbashprofile.html

・.bash_profileと.bashrcの違いは
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/168bpronrc.html

・UNIXの部屋 コマンド検索: source
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?source