CentOSでSubversionサーバ構築

お仕事で Subversionを使う機会があって、
便利だったので自分プロジェクトように Subversionを構築してみた。

いままで、作業する前に全部をガッサリと
コピーしてバックアップしていたけど、これで楽になりそう。


使っていなかった古いVAIOノート VAIO PCG-Z1/P があったので
これにインストールしてみた。
このノート2003年発売みたいだ。

HDDは、容量が少ないというのと
古くて不安なので、subversionリポジトリ領域用に
USB外つけのHDDを購入。
Amazonで¥9,300なり

面のためデスクトップ環境ありでインストール。

OSのダウンロードから
このサイトでたくさん書かれていて
初心者の僕でも簡単にセットアップできた!

CentOSで自宅サーバー構築

SSHで外からログインするので、音も出なけりゃ、ちゃんと解像度出なくてもいいやと思っていたけど
サウンド、ビデオ、LANなどデバイス系ドライバが全然問題なくデフォで動いてくれてびっくりした。